大気汚染防止法施行状況調査

大気汚染物質排出量総合調査は、大気汚染防止法に定める「ばい煙発生施設」を対象とする、大気汚染物質の排出状況の調査で、3年ごとに実施されます。   本調査結果は、ばい煙発生施設の規制制度の見直しの検討、微小粒子状物質(PM2.5)や光化学オキシダントの低減策の検討、温室効果ガスの排出・吸収のインベントリの作成などに利用されており、そのような利用を通じて大気環境の保全に役立てられています。   大気汚染物質排出量総合調査では、業種別、施設種別などのばい煙排出量の結果を、全国、都道府県別などの地域別に提供しています。

データとリソース

属性情報

フィールド
最終更新日 3月 30, 2022, 05:22 (UTC)
作成日 3月 30, 2022, 05:19 (UTC)
データセット_更新頻度 年度次
作成者_課名 大気環境課
言語 ja